ラルタンについて

(2018.8.29配信 共同通信・牛窪取材受)

「アムロ効果/アムロス症候群」

【完成】アムロ効果.jpg
「これほどのスターは、今後出ないでしょう」
世代・トレンド評論家の牛窪恵さんは、メディ
アの変化からそう予測する。1995~96年、安室
さんの厚底ブーツや茶髪を真似た「アムラー」
が社会現象となったが、2000年以降はインター
ネットや会員制交流サイト(SNS)が普及し、
人々の好みが細分化した。
歌手もブログやSNSで素顔を発信する
ようになり、~~~

詳しくはこちらから→

(2018.8.27掲載 毎日新聞・牛窪取材受)

「アベノマークス(安倍政権・採点簿)」

【完成】アベノマークス‐毎日新聞.jpg
無投票だった15年をまたいで5年8カ月の長期
政権を築いた安倍首相を識者らはどう評価する
のか。~~(中略)~~世代・トレンド評論家の
牛窪恵さんは、「株価が上がり、若い世代の就職率が
上向いているのは事実。若者の気持ちに余裕ができ
て、希望を持てるようになった点は評価できる。東
日本大震災後に政権を担い、相次ぐ大規模な災害に
対しても対応に尽力してきた」としたうえで、「社会
保障への将来不安に抜本的な対策をせずに先送りを
してきたことはマイナス。経済でも、長期政権なのだ
から、成長戦略などで大胆な施策が~~~」

詳しくはこちらから→

(2018.8.21放映 NHK総合「ニュース シブ5時」・牛窪出演)

「フラリー女子」

【完成】シブ5時-フラリー女子.jpg
フラリーマンとは「仕事が早く終わって
もまっすぐ家に帰らない人」。
今回は、その女性版ということで、
NHKが番組で“フラリー女子”と名付けた。
牛窪は、“フラリー女子”の増加理由や
仕事、家庭に与える影響について、
スタジオ生出演でコメント。
「現代は働く女性が増える一方で、
共働き女性の家事時間はこの20~30年間、
ほとんど減っていない。
職場から帰宅後すぐ、家事や育児に追われ、
「自分の時間が持てない」
「自分らしさを見失う」といった
声が多いなか、2年ほど前から~~~」

詳しくはこちらから→

(2018.8.8発売 「anan」(マガジンハウス)・牛窪取材受)

「いまどきの“セフレ”」

【完成】anan-今どきセフレ.jpg
「anan」が20~35歳までの男女で
セックスの経験者がある人を対象に、
アンケートを実施。
牛窪は、そのデータから見える
「時代とともに変化するセックス観」や
「いまどきの“セフレ”志向を分析。
「セックスの主導権は、男性から、
徐々に女性に移っている印象です。
普段のデートでも割り勘などが当たり前
になり、関係性も対等になってきた今、
女性は嫌なことははっきり拒否しますし、
自分のやりたいことを自由にしたい。
スマホでアダルト動画が簡単に見ら
れるなど、日常的な好奇心の~~~」

詳しくはこちらから→

(2018.7.31放送 文化放送「ニュースワイドSAKIDORI」・牛窪出演)

「家族30年変化」

kazoku.png
18年7月に発表された、博報堂生活総合研
究所の調査「家族30年変化」における、「夫
・妻の役割分担」についてコメント。
「まず、家庭における『妻』の総合的な決定
権が、30年前(10.1%)に比べて20%以上
増えた(30.3%)のが顕著です。亭主関白も
30年前より3割以上減って17.8%に。もっと
も『まだ2割近くもいるの?』と驚く方も多い
でしょう。というのも~~~」

詳しくはこちらから→

(2018.7.28掲載 日本経済新聞・牛窪取材受)

「グローサラント」

guro-sarannto.png
店が食べたい食材と客が食べたい料理の
ズレや接客サービスの質、陳列の明快さ
など課題はある。それでも消費動向に詳
しい評論家の牛窪恵氏は「ネット全盛だ
からこそ、料理のお薦めや食材の安全安
心について一言聞けるグローサラントの
『顔の見える関係性』は大事、シニア社
会が進む中で時代が求めている」と指摘
する。~~~~

詳しくはこちらから→

(2018.7.23発売 「AERA」(朝日新聞出版)・牛窪取材受)

大人恋愛

image1.jpegotonanorennaiiii.pngotonanorennai.png
熟年世代の恋愛について、世代・ト
レンド評論家の牛窪恵さんはこう分
析する。
「いま活発に動いているのは、いわゆ
るバブル世代です。新人類世代(54~
59歳)の青春期にヒットした『男女7
人夏物語』は、結婚を前提としないセ
ックスを描いた記念碑的作品。この世
代には、恋愛の解放感が強く根付いて
います。続く真性バブル世代~~~」

詳しくはこちらから→

(2018.7.24発売「婦人公論」(中央公論新社)・牛窪連載)

「貼るサプリメント」

貼るサプリ完成.jpg
いまや、年間約1兆6000億円とまで言
われる、日本のサプリメント市場。私も
毎日、ビタミンやイソフラボンなどサプ
リを習慣的に飲んでいるが、「あれ?今日
は飲んだっけ?」と忘れてしまうことが
よくある。
そんな方々に朗報、7月末に画期的な商
品が登場する。名前は「貼るラボ」(コス
メディ製薬)。飲むのでなく「貼る」~~

詳しくはこちらから→

(2018.7.19 放映 NHK総合「所さん!大変ですよ」・牛窪出演)

「城ガール」

トレンド 所さん.pngIMG_4557.jpg
「お城が建てられた当時の姿を
完全に復元させなくてはいけないという
文化庁の基準が「厳しいのでは?」
とお感じになった方も多いかと思い
ますが、リアルに復元された内装な
どにときめく人たちもいるんです。
それが城ガールと呼ばれる人たち。
城に復元された~~~~~~


詳しくはこちらから→

(2018.7.5放映 NHK総合「所さん!大変ですよ」・牛窪出演)

「トンネル婚」

トレンド 所さん.png
「大谷町では、地底湖をめぐるツアー以
外にも、素敵なイベントも行なっている
んです。
何やら赤い絨毯が敷いてありますが、何
かというと…そう、結婚式!ここは採石
場の跡地なんですが、岩の裂け目が十字
架のように見えるということで、本当に
結婚式を~~~~」

詳しくはこちらから→

(2018.6.26発売 「婦人公論」(中央公論新社)・牛窪連載)

「疲労回復ジム」

疲労回復ジム完成.jpg
「ジム」と聞くと、一般にはマシンや
特定の器具を使いながら懸命に汗を流し、
筋肉や体幹を鍛える場、を想像する人も
多いだろう。
だが、いま話題の「疲労回復ジム」は、
身体や心の「疲れ」をリセットする空間。
ヨガやストレッチ、有酸素運動など、比
較的ゆったりした動きを取り入れ、文
字どおり「疲労回復」に向けた~~~

詳しくはこちらから→

(2018.6.19掲載日本経済新聞・牛窪取材受)

「おひとり時間」

3トレンド.png3.2トレンド.png
マーケティングライターの牛窪恵さんは
「オンもオフも輝く!賢い働き方と
「ひとり時間」活用法」をテーマに講演した。
牛窪さんは「職場には色々な世代の社員
がいるが、どんな思いで働いているかや
自分の時間をどう捉えているか、お互い
に分かり合えれば、もっと仕事はしやす
くなる」と指摘。世代の特徴を~~~

詳しくはこちらから→

(2018.6.14放映 NHK総合「所さん!大変ですよ」・牛窪出演)

「コケテラリウム」

トレンド 所さん.pngIMG_4558 (1).jpg
「話題のコケテラリウム、実は
まだまだ人気が出ているんですよ。
コケの専門店では、去年から
母の日にあわせ、ギフト用の
コケテラリウムを作っています。
中にはコケだけじゃなくて、
動物の人形も置いてあったりして、
かわいいインテリアと~~~~」

詳しくはこちらから→

(2018.6.12放送 南海放送「ゆとりの逆襲」・牛窪出演)

「ゆとり(教育)世代」

4トレンド.png

詳しくはこちらから→

(2018.6.7掲載「女性セブン」(小学館)・牛窪取材受)

「しょぼくれ男子」

image1.pngimage2.png
仕事の成果を自慢してくる同年代の
男や、まだまだモテると勘違いして
いるギラギラオヤジよ、サヨウナラ!
今、女性たちが癒されているのは、自
信ナシ、イケメンでもナシ、でも優し
さと~~(中略)~~
マーケティングライターの牛窪恵さん
は言う。「舘ひろしさんの(映画「終わ
った人」での)イメチェンは象徴的で
すよね。実は40~50代の中には~~~

詳しくはこちらから→

(2018.6.1掲載「すきっと」(TENRIKYO)・牛窪取材受)

「大独身社会」「熟メン」

6トレンド.png6・2トレンド.png
私が「熟メン」と定義しているのは、
40代半ばから60代半ばまでの男性で
す。この世代は高度成長期やバブル経
済を経験し、企業戦士として日本経済
を支えてきました。そして、「男たるも
の仕事ができてこそ」「妻子を養ってこ
そ」と周囲から言われ、自身もそう信じ
て仕事に打ち込んできました。
これに対して、周りを取り囲む~~~

詳しくはこちらから→

(2018.5.31放映 NHK総合「所さん!大変ですよ」・牛窪出演)

「梅干しガチャ」

トレンド 所さん.png
「カプセルトイはサラリーマンだけで
なく、自治体の救世主になる可能性も
あるんです。
こちらをご覧ください。このカプセル
トイ、中身はなんと梅干し。和歌山県
のある農家さんが考えたアイデアです。
日本人の食生活の変化に~~~」

詳しくはこちらから→

(2018.5.27掲載 日本経済新聞・牛窪取材受)

「日大ブランド」

7トレンド.png7・2トレンド.png
日大芸術学部出身でマーケティングライ
ターの牛窪恵さん(50)は「アメフト部
は学生時代から憧れの的。日大ブランドの
価値が下がり、あまりにも残念」と嘆く。
大学側の一連の対応について「学生を守ろ
うとする態度が見受けられない」「危機管
理への意識があまりに低い」などと糾弾
した。その上で「日大生であることが恥ず
かしいと悩む現役学生も~~~

詳しくはこちらから→

(2018.6.26発売 「婦人公論」(中央公論新社)・牛窪連載)

「ベースパスタ」

ベースパスタ完成.jpg
昨年2月に発売された、完全栄養食品
「ベースパスタ」。
栄養食品に「完全」の冠がつく理由は、
厚生労働省が定める基準に基づき、
1食に必要とされる31種の栄養素をすべて
含むからだ。理論上はベースパスタを食べる
だけで、1日分の栄養素を補えるという。
同量の生パスタと比べ「糖質50%オフ」な
点も~~~

詳しくはこちらから→

トレンド情報、近況など発信中!


牛窪恵への取材、講演等の
ご依頼・お問い合わせは…

tel:03-5927-9800
mail:info@hachinoji.com

お急ぎの場合はお電話ください

牛窪恵の著書
ピックアップ


「おひとりウーマン」消費!
(2017年12月/毎日新聞出版)


「男損」の時代
熟メンが人生をソンしない18の知恵
(2017年3月/潮出版社)


大人を磨くホテル術
(2016年10月/日本経済新聞出版社)


恋愛しない若者たち
(2015年9月/ディスカヴァー・トゥエンティワン)